産後のダイエットエクササイズ

産後のダイエットエクササイズ

産後のダイエットエクササイズ
産後は、体調はまだ不安的で、デリケート。無理してしまうとかえって体の調子が
悪くなる場合もありますから、ダイエットエクササイズは、慎重に選び無理せず行いましょう。
産後は赤ちゃんのお世話も大変な時期ですから、体に負荷の大きい運動で疲れてしまわないよう
リラックス気分で行えるエクササイズを選びましょう。
また痩せることをあまり強く意識しすぎると、マタニティブルーの影響もあり、
ストレスになったり、気分が落ち込んだりしますので、あまり自分にプレッシャーをかけ過ぎないようにしましょう。
お腹周りのエクササイズとしては、まずは、ストレッチ、それも座って気軽に行えるものが良いでしょう。
足を伸ばして座ったら膝を立てて、そこからだんだんと体を倒していきます。
この時にみずおちあたりに軽く手を当てます。体は床まで倒さないようにし、
途中でストップ、そして、また上半身を起こしますが、お腹のあたりの
筋肉に効いているかをチェックしながら行います。
足は、開いた方がやりやすい方は、開いた状態で行っても構いません。
途中でストップする位置も、体力に合わせて調整しましょう。
少しずつ慣れながら徐々に負荷がかかるようにしていけば大丈夫です。
これに慣れてきたら、今度は、お腹に左右のひねりを加えましょう。

このひねり運動を加えることによって、くびれを作ってくれる腹斜筋が鍛えられます。
赤ちゃんの首がしっかり据わるようになったら、赤ちゃんを太モモに乗せて
あやしながら抱き上げたりというように赤ちゃんとの時間の中でもエクササイズができますね。
産後ダイエット運動を行い、お腹周りがスリムなママを目指しましょう。

 

ホットヨガの効果的な通い方

 

 

引き締めのための産後ダイエット

引き締めのための産後ダイエット
女性は、出産を経験するとお腹まわりのだぶつきが悩みの種になります。
赤ちゃんが育った母体は、出産後大きく変化しています。
まずは、骨盤。これは、赤ちゃんをずっと支えてきましたから、妊娠期間、出産を経て
左右に広がった状態になっています。骨盤を矯正し、妊娠前の状態にすることがスリムな体型にする
ために大切です。この骨盤がうまく矯正されないと、脂肪がつきやすいので、産後太りになりやすく、
また体の他の部位の骨格自体もゆがんでしまう恐れがあります。
産後は、この左右に広がった骨盤に内臓が落ち込みお腹が出てしまう傾向があります。
さらに腹筋も筋力が落ちている為、だらんとたるんでしまいがちですね。
産後ケアをしっかりしながらダイエットに取り組んでいきましょう。
栄養バランスを考えた食事を摂るように心がけましょう。産後の回復、授乳のためにも栄養が偏らない様に
心がけ、カルシウムもしっかり摂りましょう。そして骨盤を矯正してくれるウエストニッパーなどを利用し、
運動も取り入れましょう。運動は適度な運動を心がけます。おすすめは、骨盤矯正に効果が期待できる
ヨガやストレッチなどです。しかし、産後はあまり過度に行わない様に
注意しましょう。体調はまだ不安定ですから、日々の体調に合わせて調節しましょう。
産後は、実は脂肪が落ちやすい時期でもありますから、ダイエットを後回しに

しないで、良いタイミングでダイエットをしましょう。
こうすることでボディラインも美しく変わりますし、順調に行けば、妊娠する前の
体型の悩みさえも解消する可能性がありますから、この時期を逃さない様に
産後ダイエットを行い、美しい体型を目指しましょう。

 

copyright 2016 産後のダイエットエクササイズ All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。